健康

職場の柔軟性を高めることが一般的になりつつあり、ますます多くの雇用者が多様化した福利厚生を提供し、従業員が自分と家族に最適なオプションを選べるようにすることの価値を認識しています。ただし、一部の雇用者については、柔軟な福利厚生の設計と導入に苦戦している様子も見られます。 雇用主が従来型のアプローチを使用して福利厚生を設計し、通知する場合こうしたことが想定されます。デジタル時代において柔軟性の高い福利厚生プログラムを導入するには、データアナリティクスとパーソナライズされたコミュニケーションが必要です。 近頃の従業員は、パーソナライズされた福利厚生だけでなく、どのように利用できるかが簡単に分かる案内に期待し、どのデバイスからでもいつでも個人データの分析情報にアクセスできることを望みます。データとテクノロジーを統合することで、企業は以下「パーソナルコーチ」をオンデマンドで提供できます: · 従業員が自身の必要とする福利厚生について理解し、適切な福利厚生のオプションを選択するのに役立つセルフアセスメント ·  過去のニーズについて把握し、将来のニーズを知らせるのに役立つ履歴への簡単なアクセス · 従業員が旅行保険、フィットネスアクティビティトラッカー、DNA スクリーニングなどの追加の福利厚生関連アイテムを購入できるオンラインマーケットプレイス · 従業員が賢明な選択をするための、診療の平均コスト、一般的な病院の手術費用などの役立つ医療コスト情報 ·  結婚、新生児の誕生、昇進などのライフイベントを通じて従業員を支援するための福利厚生の特典を説明するインタラクティブなガイドブック ·  福利厚生に関するアクションを忘れないようにするための従業員への通知 ·  従業員が福利厚生パッケージの価値について理解を深めることができるようにカスタマイズされたリワードステートメント データアナリティクスのメリットは従業員に対するものにとどまりません。雇用者は、リアルタイムデータをオンラインプラットフォームで活用して、福利厚生がどのように活用されているかをよりよく理解できます。ボタンをクリックするだけでデータチャートと従業員による選択、プログラムの利用状況、特定の国のユーザー層などのリアルタイムのデータインサイトを表示できます。これにより、雇用者はプログラムの有効性を確認した上で、実際のデータポイントに基づいてプランの設計について意思決定を行うことができます。 適切なテクノロジーとアナリティクスをパーソナライズされたコミュニケーションと組み合わせることで、柔軟性の高い福利厚生プログラムの可能性を最大限に実現できます。これにより、雇用者だけでなく、従業員に対しても莫大な効果が見込まれます。事実、最近のThomsons Online Benefits レポートでは、調査対象となった従業員の 79% が多種多様な福利厚生があれば、企業を友達に推薦すると述べています。 データアナリティクスとターゲットを絞ったコミュニケーションを併用することで、従業員体験が向上し、企業は従業員の福利厚生に対する ROI を最大化できます。柔軟な福利厚生の導入は、スタッフの定着率の改善と新たな人材登用の点で大きな役割を果たしますが、従来の方法のままで良いのでしょうか?

Alice Peng | 19 9 2019
tiles1

Contact Us

Speak with a Mercer consultant.

back_to_top