変革

人工知能(AI)とオートメーションは、世界の多くの業界で主役を演じており、無限の可能性を秘めています。すでにロボットに食べ物を作らせたり、車に運転を任せたりすることもできます。それで、次は何を期待できるのでしょうか?1 このトレンドによる影響は広範囲に及び、一部の産業においては経営方針や従業員の雇用に混乱がもたらされています。この傾向にはますます拍車がかかることが予想されるため、この新時代に乗り出す企業には何が待ち受けているか調べてみましょう。 主要産業における仕事のオートメーション   仕事の自動化はすべての業界でできるわけではありません。業種や企業、職種によっては、オートメーションの導入がしやすい分野があります。たとえば、製造メーカーではこのアプローチを以前から採用しており、機会があれば常に自動化する傾向があります。 たとえば、韓国の産業通商資源部について考えてみましょう。過去数年にわたって工業オートメーションの発展に注力しており、とどまるところを知りません。2これは1つの例にすぎませんが、業界とプロセスの全体的な方向性を表しています。その目標は効率を保ちつつコストを抑えることです。 自動車業界では、製造プロセスで同様の効果を上げているだけでなく、自動運転車を生産することさえしています。テクノロジーによる進化は断続的ですが、戦略分析とインテルの研究によると絶えず洗練されているため、自動車生産が間もなく完全に変わる可能性があることを指摘しています。3 これらの業界は、AIとオートメーション導入のゴールデンサンプルとなっていますが、他の業界ではテクノロジーの重要な機能の導入において苦労しています。ホスピタリティ、フードサービス、およびヘルスケア業界は典型的な例です:これらの業界では多くの人手がかけられており、オートメーションの導入は容易ではありません。サービスの一環としてテクノロジーを導入する機会はあるとはいえ、これらの業界のすべてのクライアントでサービス自動化の準備ができているわけではありません。最近のCNNのニュース記事にその点が指摘されています。4 経済と雇用に対する影響について   人工知能で仕事が奪われるという考えは、労働者にとって実際に脅威となります。1960年代の米国でもプロセスの自動化と失業についての懸念が高まったことがあったとMITは指摘しています。5しかし、リンドン・B・ジョンソンの言葉は当時の状況を最もよく表していました:「基本的な事実として、テクノロジーによって職がなくなるが、仕事はなくならない」雇用企業がこの役割を区別し、どのように役割の変更を扱うかは、多くの組織における自動化オペレーションへの移行の成否を左右します。 発展途上国では、特定の仕事を自動化することにより、危険な職業や過度に労働集約的な職業をなくすことができ、より良い機会を生み出せるようになります。この移行により、短期的にはある程度失業が発生するかもしれませんが、仕事を失った人にとって他のもっと安全で、有意義な職業に就ける機会が開かれることになるでしょう。 それらはすべて、職場で求められるスキルが変わることを意味します。存在感を示し、競争力を維持するために将来の人材に求められるスキルとしてリーダーシップやその他のソフトスキルが重要になることを調査は示しています。LinkedInの調査によると、将来の最重要スキルはプログラミングなど技術的なスキルではないと説明しています。自動化されたオートメーションが発展するにつれ、コミュニケーションやコラボレーションなどのソフトスキルを優先する費用があるとのことです。6 オートメーションと高齢化問題   労働人口の高齢化とオートメーションの拡大が同時に進行している現在、労働者は現実的な脅威に直面しています。30年または40年の経験は自動化できる可能性が高いといえます。世界規模で調査すればするほど、この事実は厄介なものとなるでしょう。 ベトナムや中国などの一部の地域では、高齢の労働者が行う仕事の69%から76%は自動化されるリスクがあります。ちなみに、米国の高齢者の職業の約52%は自動化が可能と考えられています。また、将来的に懸念されるのは、日本などの地域で労働者の高齢化が急速に進んでおり、悪循環が生じていることです。雇用企業が定年退職を廃止し、この影響を緩和するための選択肢を模索しているのは朗報です。 オートメーションにより職場には大きなプラスとなる機会が多数もたらされますが、大切な点として、マイナスの影響を受ける人を見失ってはなりません。「将来性のある」労働力を多く確保すべくソフトスキルのトレーニングを優先するにせよ、労働集約的な職種や業種でオートメーションの活用方法を模索するにせよ、この傾向は今後も続いていきます。 競争とグローバリゼーションにより、雇用企業はプロセスを自動化するための新しい独創的な方法を見つけなければなりませんが、テクノロジーを中心に労働力を再構築する先進的な方法を模索する人々は、真の競争力を持つことになります。 出典: 1 Constine, Josh, "Taste test: Burger robot startup Creator opens first restaurant," Tech Crunch, June 21, 2018, https://techcrunch.com/2018/06/21/creator-hamburger-robot/. 2 Demaitre, Eugene, "South Korea Spends $14.8M to Replace Chinese Robotics Components," Robotics Business Review, October 20, 2015, https://www.roboticsbusinessreview.com/manufacturing/south-korea-spends-148m-to-replace-chinese-robotics-components/ 3 Statt, Nick, "New documentary Autonomy makes the convincing case that self-driving cars will change everything," The Verge, March 13, 2019, https://www.theverge.com/2019/3/13/18262364/autonomy-film-review-self-driving-cars-malcolm-gladwell-documentary-sxsw-2019. 4 Andone, Dakin and Moshtaghian, Artemis, "A doctor in California appeared via video link to tell a patient he was going to die. The man's family is upset," CNN, March 10, 2019,https://www.cnn.com/2019/03/10/health/patient-dies-robot-doctor/index.html. 5 Autor, David H., "Why Are There Still So Many Jobs? The History and Future of Workplace Automation," MIT: Journal of Economic Perspectives, Vol. 29, Issue 3, summer 2015,https://economics.mit.edu/files/11563. 6 Umoh, Ruth, "The CEO of LinkedIn shares the No. 1 job skill American employees are lacking," CNBC, April 26, 2018,https://www.cnbc.com/2018/04/26/linkedin-ceo-the-no-1-job-skill-american-employees-lack.html.

アンドレ・マクスナク | 25 7 2019
tiles1

Contact Us

Speak with a Mercer consultant.

back_to_top