変革

ビジネスの世界に移民が登場し、異なる文化や労働力のニーズを持つ国々で、体力と知力が複雑かつグローバルに取引されてきました。人的資本と経済的なニーズの継続的なバランスにより、世界の地政学に影響が及んでいます。 ただし、デジタルトランスフォーメーションと第4次産業革命により、移民労働者の果たす役割ともたらす価値が大きく変わってきました。 肉体労働からITプロフェッショナルへ   機械やコンピューターの導入により、かつては高い技術を持たない移民労働者が行っていた仕事を、優れた効率かつ低いコストで行えるようになっています。この世界的な進展により、移民労働者、国家、世界経済はかつて経験したことのない課題に直面しています。オートメーションやテクノロジーが農業、自動車、製造業など、さまざまな業界で労働者に取って代わっているからです。 失業者が急増して、収入減が予想される人々が増える可能性があるため、多くの国々では経済紛争や政治的混乱の広がりが懸念されています。第4次産業革命のオートメーションが、低スキルの失業者に仕事を提供する国々に移住することで生計を立てている2億5800万人の国際移民の労働力に取って代わる世界はどのようなところになるのでしょうか?1 知られていない明るい未来   これまでの産業革命と同様、第4次産業革命のもたらす意味は人によって異なります。デジタルトランスフォーメーションにより、インターネットを使ってほとんどどんな情報にでも簡単にアクセスできるようになったため、すべての国民、特に移民労働者が教育を受け、新しいスキル、取引、職業について学ぶ新たな機会が提供されています。かつて貧困や経済的な孤立が障害となっていた国々でも、新たな機会が生まれています。たとえば、人口が13億人のインドでは、デジタルトランスフォーメーション市場は2024年までに7,100億ドルに達すると予測されています。2 移民労働者にとって、スキルアップと専門的能力の開発は、職業の安定に欠かせません。多くの国や政府では、オートメーション時代の競争で必要なスキルと知識を国民に提供するニーズが認識されています。それは労働者が競争の激しい世界で自分の市場価値、商品価値を知るためにテクノロジーにアクセスできるようにするところから始まります。 ただし、アルゼンチン、ブラジル、米国などの国では、自分たちの運命を握っているのは自分たちであり、政府ではないこと、そしてデジタルトランスフォーメーションの変化の波に対応するのは個人の責任であるという意識が強くあります。3一部の人にとって、これは現在の状況を改善できる見込みがあれば、国や経済圏を移動することを意味しています。 ニーズが進化する世界   これまでの歴史で観察されてきたように、移民労働者はふさわしい仕事がある地域に引き寄せられます。オートメーションとコンピューター テクノロジーが中心の世界では、この時代の新しいニーズが出現しています。 日本、韓国、スペイン、米国などの先進国では、出生率は異常なスピードで低下しています。4特に韓国や日本では、高齢者が急増し、出生率が低下する高齢化社会が懸念されており、高齢者を介護し、高齢者の年金を賄うため雇用による必要な税収を生み出す若年層が不足しています。 日本と韓国では高齢者の心理的、感情的、身体的ニーズを満たすためにロボットやオートメーションを導入していますが、これらのテクノロジーで国家の運営を継続するのに必要な財源や国内サービスを提供することはできません。安倍晋三首相は「アベノミクス」と呼ばれる大規模な改革を実施し、長年の文化的制限を緩和して、影響度の異なるすべてのレベルで女性を職場に迎え入れることを提案しています。ただし、アベノミクスの最大の焦点は、人間固有の能力が求められる国内労働力の不足を緩和するために移民労働者に門戸を開放する狙いです。日本国民の多くは移民が文化的アイデンティティに対する脅威となると考えています。5 しかし、経済を安定させる若年労働者がいないのであれば、日本にはおそらく選択肢がありません。第4次産業革命はゲームチェンジャーです。そして多くの国では人間と機械の進化する役割の間のギャップを埋めるために移民労働者が必要とされるでしょう。 何世紀にもわたって、移民たちは個人的なニーズを満たすために一生懸命働いてきました。同時に移民の労働力を必要とする雇用する国のニーズも満たす上で貢献しています。現在の経済環境では、オートメーションとテクノロジーにより職務内容が変わることがあるかもしれませんが、人的資本が必要になることに変わりはありません。 出典: 1. "International Migration Report," United Nations, 2017, https://www.un.org/en/development/desa/population/migration/publications/migrationreport/docs/MigrationReport2017_Highlights.pdf。/ 2. 「2024年までにインドのデジタルトランスフォーメーション市場は7,100億ドルに達する」P&S Intelligence," Prescient & Strategic Intelligence, March 5, 2019 https://www.globenewswire.com/news-release/2019/03/05/1747720/0/en/India-Digital-Transformation-Market-to-Reach-710-Billion-by-2024-P-S-Intelligence.html。 3. Wike, Richard and Stokes, Bruce, "In Advanced and Emerging Economies Alike, Worries About Job Automation," Pew Research Center, September 13, 2018, https://www.pewglobal.org/2018/09/13/in-advanced-and-emerging-economies-alike-worries-about-job-automation/。 4. Kotecki, Peter, "10 Countries at Risk of Becoming Demographic Time Bombs," Business Insider, August 8, 2018, https://www.businessinsider.com/10-countries-at-risk-of-becoming-demographic-time-bombs-2018-8。 5. Yoshida, Reiji, "Success of 'Abenomics' hinges on immigration policy," https://www.japantimes.co.jp/news/2014/05/18/national/success-abenomics-hinges-immigration-policy/#.XJr1GK2ZOgR。

エドワルド・マーチオリ | 27 6 2019
tiles1

Contact Us

Speak with a Mercer consultant.

back_to_top