キャリア

マーサーメトルの人材獲得状況2019年次報告書によると、人材獲得は企業が直面する最大の課題の1つです。テクノロジーによるイノベーションが市場を席巻し、スキル評価にますます重点が置かれるようになっているため、人材評価は競合他社に先駆けて高いポテンシャルを持つ人材を獲得するマラソンのようなものになっています。 求人プロセスは新聞広告からソーシャルリクルーティングに進化しています。さらに、次の業界トレンドは採用の自動化です。企業の採用活動は人手を介したプロセスからテクノロジー主導型のプロセスに流れ始めています。 テクノロジーで人材状況を改善する3つの方法は次のとおりです。 1.テクノロジーで雇用主のブランド価値を向上させる   2019年以降も優秀な人材を惹きつけ、維持しておくためには、強力なブランドを構築することがすべての雇用主の優先事項であるべきです。職場環境を改善し、従業員のエンゲージメントを高める努力を惜しまない企業がますます増える中では、ブランドに関するポジティブな話題がマーケットで拡散するように図る必要があります。 また、LinkedInの最新レポートでは、求職者の75%が企業に入社する前に社内のインナーブランディング(ブランドの理念やビジョンを社内に浸透させるための活動)を考慮していることを示しています。1ポジティブなインナーブランドは、質の高い人材を引き付け、維持し、そして紹介を通じて自動的に複数の求人の応募が得られるようになります。これがインナーブランディングの力です。 ここでテクノロジーによりどんな違いが生じるでしょうか?最新鋭のツール、アプリケーション、ソリューションを使うことで、大きな違いをもたらすことができます。スマートキャリアサイト、堅牢なソーシャルメディアの存在、求職者関係管理(CRM)システムなどのテクノロジーは、より洗練されたブランド戦略を実現する上で企業を支援することができ、それに伴うあらゆるメリットをもたらすことができるのです。 2.テクノロジーで求職者のエクスペリエンスを改善する   求職者が複数の求人から選べる場合、入社を促すにはそれなりの理由がなければなりません。高い給与だけが動機になるとは限りません。求職者のエクスペリエンスを満足のいくものにすることが決め手になる可能性があります。 採用プロセスは大きく3つの段階に分類されます。ソーシングリクルーティング、選考と決定、そしてオンボーディングです。採用担当者の仕事は、各段階においてシームレスでストレスフリーなエクスペリエンスを提供することであり、求職者が「この会社の採用プロセスはしっかりしている。きっと仕事もしやすいに違いない」と考えるようにすることです。その後は心配することはありません。一方、いずれかの段階で障害が発生したり、採用プロセスの段取りが悪いという印象を与えてしまった場合、求職者が他社のポジションを探してしまう可能性があります。 採用テクノロジーを導入することによって、求職者に優れたエクスペリエンスを提供するための選択肢が広がります。 3.テクノロジーで人材プールの質を高める   かつて企業には、人事評価と採用に関する標準化された手順がありませんでした。新聞広告、飛び込み、体系化されていない面接、さらにはペーパーテストの穴埋め問題に頼っていました。ただし、時が経つにつれ、企業はこれらの手法に欠点があることに気付くようになりました。 従来の採用方法は時間がかかり、複雑で、バイアスがかかっていました。人事担当者は面接で質問をする際、具体的なデータやフレームワークを持ち合わせていないため、求職者のソフトスキルの評価や弱みの理解ができずにいました。結果として求職者の辞退率が高まり、雇用主にとってジレンマとなっていました。 このようにプロセスが体系化されていなかったため、オンラインアセスメントの役割が高まり、今では求職者の有するスキルに基づいて、特定の職務に理想的な求職者の最終候補者のリストを提示するまでになっています。さらに、これらの事前審査によって、新入社員の仕事の能力とと定着率も予測します。一般的に、特に優秀な人材が求人市場に出るのは平均10日間と言われています。そのため企業は、優秀な求職者に関心を持ってもらえるように、さらに実践的、短期間、かつ興味深い人材獲得プロセスの開発を進めています。 さらに、マーサーメトルのレポートによると、企業の53%はコンピテンシーベースの面接を行い、40%は優秀な人材を採用するためにビデオ面接を活用しています。新時代の採用方法は、求職者のエンゲージメントを高めるだけでなく、人材の質も向上させます。2017年には、IT/ES業界ではアセスメントの活用が132%増加し、銀行金融サービスおよび保険(BFSI)業界では217%の増加が見られました。 採用テクノロジーの導入は、新時代の手法の効果性を示すものです。ツールにより求職者からの入力が収集され、回答がまとめられて、長所、短所、要改善分野を強調した最終レポートが提供されます。データに裏打ちされた結果は最終的には雇用主のブランド価値を高め、求職者のエクスペリエンスを改善し、人材プールの品質を向上させることにつながり、一括採用と中途採用の両方でシームレスな採用を実現するのに役立ちます。 1"The Ultimate List of Employer Brand Statistics," LinkedIn Talent Solutions,https://business.linkedin.com/content/dam/business/talent-solutions/global/en_us/c/pdfs/ultimate-list-of-employer-brand-stats.pdf.

シッダールタ・グプタ | 13 6 2019
tiles1

Contact Us

Speak with a Mercer consultant.

back_to_top