キャリア

アリババとテンセントとの間の名高い競争は、中国全土のデジタル技術とアプリ全般にわたり、激しく続けられています。eコマース大手2社の創始者であり、その精神的な支柱でもあるジャック・マーとポニー・マーにより動き始めたデジタル改革は、中国の中流階級の心を掴もうとする熾烈な競争により加速しています。 のるかそるかの競争です。中国の中流階級は、2020年代半ばまでに4億3千万人から7億8千万人に増加すると予想されていますが、この人口の大部分は、現代テクノロジーに精通し、化粧品から電子機器まであらゆるものをオンラインで買う習慣が身についている都市居住者です。1 急激に台頭する一極集中型サイバー空間   かつて、アリババとテンセントは互いに距離を保っていました。アリババは、非常に人気の高いサイト、タオバオを通じてeコマースを推進することに集中し、テンセントは、10億人以上のアクティブユーザーを擁するWeChatにエネルギーを費やしていました。2 しかし、世界の他地域と同様に、中国の人々がますます密接にデジタル領域に溶け込むようになるにつれ、かつては2つの大企業を心地よく区別していた境界線が狭まり始めました。中流階級の消費者は、オンラインバンキング、電子ウォレット、金融サービスから旅行計画、オンラインショッピング、コミュニケーションプラットフォームに至るまで、細分化されたデジタル生活を一元化する方法を望みました。 今日、中国の消費者は、アリババが実現したものか、テンセントのものか、どちらのインターネットブランドが自らの特定のニーズをよりよく満たしてくれるかを決めなくてはなりません。この決定は双方の企業にとって重要です。いったん消費者がオンラインバンキング、ショッピング、コミュニケーション環境の契約を行うと、アカウントの切り替えや連絡先の変更などが不便なので、結局のところ、ロイヤルティ(忠実度)は高いままになるからです。アリババとテンセントにとっては、最初に選んでもらうことが鍵となります。最終的には、個々の消費者が、インターネットの膨大な触手を最もスムーズにしてくれるのはどちらのバージョンであるか決めることになります。 2つの大企業、2つの異なる文化と戦略   両社の社内文化や戦略は、創業者の個性と同じくらい異なります。アリババは今でも、ルーツである講師に戻り、慈善事業を拡大中の創業者、ジャック・マーの率直な感性を体現しています。同社は、フリギー(旅行)、天猫(ショッピング)、フーマ・フレッシュ(生鮮食品)、アント・ファイナンシャル(人気の高いオンライン決済サービスプロバイダー)など、有名なeコマース企業の弱点を補完するために、関連会社をコントロールできるだけの株主持ち分を取得することで、影響力を高める方針を採っています。しかしテンセントは、より手広いアプローチを採用し、主力サービスのWeChatとの関連性が大きいものから小さいものまで幅広い事業の少数株主持ち分を確保しています。その目的は、自社技術への扉を開く関係を確立することです。3 いずれの戦略も最終的には、信頼性、利便性、個性を提供する高品質の商品を期待する中国の中流階級をエンゲージするよう設計されています。たくさんの可愛い漫画風マスコットや洗練されたマーケティング戦略で武装したアリババ対テンセントの競争は、中国のデジタルマーケティングの状況を変えました。どちらの企業も社内文化、戦略的計画、多様なブランドアイデンティティを通じて他社との差別化を図っていますが、中国の中流階級市場を扱っている点では同じであり、この共通の関心により、アリババとテンセントは中国の伝統、文化、消費行動に深く食い込むことになりました。 習慣と伝統 - 中国の中流階級へのエンゲージメント  革新的なホンバオ(紅包/赤封筒のお年玉)キャンペーン   2014年に、WeChatはホンバオ(紅包)キャンペーンを開始しました。これはすぐに、新しい科学技術が人々の生活とどのように調和できるかを示す強力な例となりました。このイニシアチブは、新年やその他の祝賀行事などの祝日に、家族や友人に現金が入った赤い封筒を手渡す、という何世紀も続いてきた中国の伝統を利用したものです。キャンペーンは、これまでにない富、購買力、そしてデジタル技術および機器への高まる執着を持つ中国の中流階級にとって、完璧にタイムリーなものでした。国の伝統や古くからの慣習を大切に祝うことで知られる中国は、デジタル変革をその文化と意識へ完全に取り込みました。 アリババはこれに応えて、WeChatのキャンペーン同様、個人やグループに配布できるバーチャルマネーを目玉とした独自のホンバオ(紅包)キャンペーンを開始し、自宅の友人や家族はもちろんのこと、職場の同僚同士の取引も簡単にできるようにしました。現金の贈呈からデジタル通貨によるギフトへの移行は、迅速かつ革命的でした。今日では、両ブランドがAIなどの最先端技術を利用して、この歴史的伝統に結びついた支出や習慣にゲーム的な感覚を導入する取り組みを進めています。アリババとテンセントは共に、中国の家族や地域がホンバオ(紅包)をやりとりする方法に永遠に影響を及ぼしました。これはサイバー空間と現実世界にとっての文化的変曲点といえます。 「独身の日」を巡る戦い   アリババとテンセントが中国の中流階級を巡って争うにつれ、ホンバオ(紅包)以外の文化的伝統も、効果的な消費者エンゲージメントの機会となりました。11月11日の「独身の日」は、中国で最も買い物熱が高まる日で、若い独身の人々と恋人たちの両方が祝います。(11/11という日付が4人の独身者に見えることに由来します。)1993年に始まったこの記念日は、2009年からアリババが活用するようになったおかげで、世界で最も利益の上がるオンラインショッピングイベントに発展しました。2017年には、アリババの独身の日の売上は、過去最高の253億ドルを記録しています。4 これまで独身の日は、独占販売と高品質でイメージを構築してきた高級ブランドではほとんど無視されてきましたが、今では高級ファッションブランドやぜいたく品の販売元もこの記念日を活用し、WeChatミニストアを通じて11月11日に割引販売を行うようになっています。WeChatのリーチにより、こうした高級ブランドが自社製品を宣伝して顧客に販売できる強力なプラットフォームが実現しています。5 独身の日は、まだアリババが優勢ですが、WeChatも当然、世界で最も利益の上がる24時間に注目を浴びる方法を模索していくことでしょう。 アリババとテンセントが将来の巨額の利益獲得に向けて張り合う中で、どちらの巨大企業も、増え続ける中国の中流階級の心と精神を掴み取ることが成功の鍵だと認識しています。世界各国で中流階級の購買力が拡大・強化し続けていますが、アリババとテンセントは、人々が持つ力を理解することが、前例のない成長の機会を生み出す鍵であると実証しています。 ゲームは続きます。 出典: 1Babones, Salvatore. "China's Middle Class Is Pulling Up the Ladder Behind Itself." Foreign Policy, 1 Feb. 2018, https://foreignpolicy.com/2018/02/01/chinas-middle-class-is-pulling-up-the-ladder-behind-itself/ 2Hollander, Rayna. "WeChat Has Hit 1 Billion Monthly Active Users." Business Insider, 6 Mar. 2018, https://www.businessinsider.com/wechat-has-hit-1-billion-monthly-active-users-2018-3. 3Lashinsky, Adam. "Alibaba v. Tencent: The Battle for Supremacy in China." https://fortune.com/longform/alibaba-tencent-china-internet/. 4Lashinsky, Adam. "Alibaba v. Tencent: The Battle for Supremacy in China." https://fortune.com/longform/alibaba-tencent-china-internet/ 5Pan, Yiling. "4 Takeaways for Luxury Brands from China's 2017 Singles Day Bonanza." Jing Daily, 14 Nov. 2017, https://jingdaily.com/4-takeaways-2017-singles-day-bonanza/

Sophia Powe | 09 5 2019
tiles1
キャリア

現在進んでいる世界経済の変化は、人類の中で起きつつある強力な変化を反映したものです。かつて政治的な逆風、貧弱なインフラ、労働力の活用不足などによって妨げられてきた経済圏が、デジタル技術と、相互につながったリソースへのアクセスを用いて、前例のない富と影響力を築いています。 しかし、経済成長地域は従来の市場に追いつく以上のことを行っています。未来のビジネス、そして世界経済全体における根本的変化をリードしているのです。インドは、人工知能(AI)およびロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)技術のリーダーとして、米国と日本を追い抜きました。1 かつては失速していたラテンアメリカ経済は、2019年には安定した成長が見込まれています。2また、中国の中流階級の購買力は、電子商取引、そして消費者による製品やサービスの発見、購入、獲得方法を永久に変えてしまいました。3 当然のことながら、ビジネスリーダーは現代の変化の速度や範囲、そしてそれが組織や労働者の活力に意味するところを考えて圧倒されることがあります。ここで挙げる3つのリーダーシップの資質を備えれば、不確実な未来においてもリーダーは成功することができます 1.心の知能指数とソフトスキルを示す   「人々は他者が言ったことを忘れるし、他者がしたことも忘れるが、自分がどう感じさせられたかということは決して忘れないものであると私は学んできた。」 ―マヤ・アンジェロウ リーダーは他者の感情を認めながらも自分の感情に誠実でなくてはなりません。終身雇用や保証された年金制度の時代は多くの地域で終わりつつあり、その結果、世界中の被雇用者が、雇用の安定や長期的な経済的幸福に不安を抱いています。さらに、マーサーグローバル人材動向調査2018年度版によると、被雇用者は、目的のある仕事ができる役割をますます追い求めるようになっており、リーダーは、より深いレベルで労働人口とつながるようさらなる圧力にさらされています。この現実を内面化し、従業員の不安を軽減できる有意義な措置を講じるビジネスリーダーが、従業員の支持を集めることになります。  率直であることは真のコミュニケーションの基礎となります。リーダーは、積極的に心の知能指数(EQ)とソフトスキル指数を開発しなければなりません。そうすることで、常に真実を伝えながらも雇用者の感情に訴えかけ、個々の雇用者と従業員全体を刺激できます。事実は常に説得力を持ちます。人々は自らに敬意をもって接してくれるリーダーを尊敬し、人生に影響を与える情報を用意してくれます。  未来のビジネスで成功したいと願うビジネスリーダーは、心の知能指数とソフトスキルを優先事項とすべきです。他者の願望、感性、課題に共感できるようになるには、耳を傾け、理解し、行動を起こそうとする協調努力が必要です。特に新興国では、労働人口が農村地域から新興巨大都市に引き寄せられているため、リーダーは、手頃に利用できる保育や交通手段の発掘、金融投資の機会へのアクセス、専門的な能力開発プログラムの追求といった問題に前向きに対処しなければなりません。  ソフトスキルにより、リーダーは情報を押しつけるのではなく、伝えられるようになります。このつながりにより、従業員との強固な関係が構築されるとともに、生産性が向上します。そして、従業員は、ビジネスの目標と成功に自らが不可欠だと感じるようになります。というのも、実際に従業員はビジネスに不可欠なのです。純粋な感謝の気持ちが、強力な動機となるのです。 2.科学技術への情熱を持つ 自分が「出世した」と感じているリーダーは、的外れだと思われる運命にあります。役員室に鎮座して、従業員のチームに命令し、伝達事項を公布するようなビジネスリーダーのイメージは時代遅れになりつつあります。科学技術は常に進化しており、ビジネスリーダーは、現代のデジタル機器、プラットフォーム、および戦略の習熟度ということになると、他者に頼ってギャップを埋めることはできません。 新技術の習得には時間がかかります。そして、多くのリーダーにとって、時間は貴重な商品です。しかし、デジタル変革の時代には、ビジネスリーダーがビジネス運営、消費者エンゲージメント、および販売戦略に影響を与える技術革新やトレンドの開発に熱心に取り組むことが求められています。  未来のビジネスにおいては、リーダーには、最新のデジタルエコシステムやメディアチャネルを通じてコミュニケーションをとれる技術的能力が必要とされます。こうした能力は、科学技術がどう進化しており、また究極に相互接続された世界で、科学技術によりビジネスがどう推進されるのか、という点に関するリーダーの理解を示します。ビジネスリーダーは、従業員や外部の協力会社に対して(さらには競合他社に対しても)、「示してほしい」「教えてほしい」と定期的に教えを請うべきです。というのも、こうした問いかけが、学びへの情熱を表すとともに、常に情報を入手し、関係を保つ必要性を高く評価する、心の知能指数をしているという心の知能指数を示すからです。  また、科学技術に精通することで、リーダーは業務リソース、従業員のスキルセット、優先順位や成長投資について判断する必要性に関して、点と点を結んで全体像を作り上げることができるようになります。疑問があるときに、最新のアプリケーションやデバイスの使用方法を尋ねたからといって、恥ずかしいことは何もありません。未来は待ってくれないのです。  3.あらゆる成長がグローバルであると知る   スマートフォンについて考えてみましょう。おそらく、チリ産のリチウム、中国産のインジウム、ルワンダ産のコルタンが含まれているでしょう。4最もローカルなビジネスでさえもグローバル経済に依存しています。国際的な考え方でビジネスチャンスを文脈に当てはめることのできるリーダーが、ビジネスの未来に成功を導く態勢を整えているといえます。  2025年には、世界の人口は81億人に達する見込みです。つまり、歴史的レベルのビジネスチャンス、未開発の市場、収入源が発見されるのを待っていることになります。5成長は、ビジネスが向かう未来を考慮に入れた、前向きな取り組みの結果なのです。ブレグジットの実行から米国の不確定な国際貿易の力学まで、西側諸国の経済が政治的混乱に苦労し続けている中で、経済成長地域はあらゆる産業に大きな影響を与える可能性があります。 しかし、成長に焦点を置くリーダーは、コンセンサスの構築や、さまざまな利害関係者からの支持の取り付けといった課題に直面します。経営幹部レベルの重役や従業員から投資家や株主に至るまで、リーダーはビジネスの未来がもたらす可能性を捉えるビジョンと戦略を伝えられなければなりません。リーダーは、常にグローバル経済の観点から考える必要があります。というのも、人口が増大する中で、人々の心、精神とニーズにこそ、チャンスが存在するからです。前進するためのビジョンをリーダーが提示し続ける限り、今後もこれがビジネスの牽引力となるでしょう。  経済成長地域は、利益のある販売市場以上のものをビジネスリーダーに提供します。インフラストラクチャや製造から人的資本やデジタル技術に至るまでのあらゆる資産に関して、成長経済圏は価値あるサプライチェーンと投資機会を提供します。グローバル化した世界でビジネスの未来を手にするのは、上昇中の経済圏にチャンスがあることを理解しているリーダーと、EQ、テクノロジー、そしてグローバルな考え方が成功する力に影響を及ぼすことを理解しているリーダーなのです。   1Some, Kamalika. "India Leads US and Japan in Driving RPA and AI Based Technologies." Analytics Insight, 2 Oct. 2018, https://www.analyticsinsight.net/india-leads-us-japan-driving-rpa-ai-based-technologies/. 2"Latin America Outlook 3Q18." BBVA Research, https://www.bbvaresearch.com/wp-content/uploads/2018/08/Latin_America_Outlook_3Q18.pdf. 3Riming, Nie. "How China's Middle Class Will Dictate the Future of E-Commerce." Sixth Tone, 16 Jan. 2018, https://www.sixthtone.com/news/1001560/how-chinas-middle-class-will-dictate-the-future-of-e-commerce. 4Olingo, Allan. "Minerals in Your Mobile Phone." The East African, https://www.theeastafrican.co.ke/business/Minerals-in-your-mobile-phone-/-/2560/2739730/-/xveeqw/-/index.html 5Olson, Alexandra. "U.N.: World Population to Reach 8.1B in 2025." USA Today, Gannett Satellite Information Network, 13 June 2013, https://www.usatoday.com/story/news/world/2013/06/13/un-world-population-81-billion-2025/2420989/.

Sophia Powe | 25 4 2019
tiles1

Contact Us

Speak with a Mercer consultant.

back_to_top